HOME > 環境や水のおはなし > 世界の水事情
  • 世界の水事情
  • 水道、飲み水の基準
  • 井戸水について
  • 硬水/軟水と美味しい水
  • きれいな水とは

1. 世界の水事情

青い惑星地球は表面の3分の2が水に覆われていて約14億k㎥の水量があると言われています。しかし地球表面にある水の97%までもが海水であり3%の淡水も水蒸気や地下水や伏流水や南極や北極の氷や雪などで、これらを差し引くと直接使用できる水は、全体のたったの0.0001%に過ぎないと考えられています。

日本に住んでいると水が高いとか不味いとか位の印象を持つ事は有るでしょうが水が不足しているという印象を持つ事は稀にある一部地域での給水制限があるとき位であり、ほとんど縁がないと言って良いでしょう。

しかし、世界には約67億人位の人が暮らしていて、その中で日本の様に水量、水質共に十分な水を使える人は12億人位で、2/3の人たちは水量が不足している地域か、水量が有っても水質に危険な問題が有る水を使わざる得ない地域など、水を使えない国の方が多くあります。さらに将来の人口の増加で(これも日本では実感できませんが)、ますます水の問題が厳しくなると想定されます。このように需要が増えることによって元々多い様で少ない水が貴重な資源になるのは自明と言えます。さらに人間だけでは無く地球上のすべての生物とわかちあって水を共有することを忘れてはいけません。まさに、19世紀はゴールド(金)、20世紀はブラック(石油)21世紀はブルー(水)の時代と言われる所以であり、この言い方は決して平和的に注目されていると言うよりも人間の争いの要因を意味していると思われ、将来に不安を覚えずにはいれません。

【参考・引用文献、資料】
1) 世界水フォーラム(2003年京都)公開資料より
2) 水のミステリー:(株)ジェイアール高崎商事より